戯れ言

仮想通貨やクレジットカードなど、主に金融関連の記事を載せてます

【収入や枚数など】学生にオススメのクレジットカード&審査基準まとめ!

 f:id:broooon:20180206220816j:image

今回は、大学生や専門学校生の方で、クレジットカードを作りたいが、どのカードを選んだら良いか、また、審査基準はどの程度なのか、親や保護者が署名した承諾書の必要性などなど、初めてクレジットカードを持つ学生さん向けに記事をまとめてみました!

参考になると思うので是非ご一読ください。

 

学生が発行する際の審査基準や難易度

まずは審査基準から見ていきましょう。

「学生だから、審査は社会人より厳しいんじゃないのかな」と思われがちですが、通常のカードや学生向けのカードである場合、審査はそこまで厳しくはありません。

特に1枚目に発行するカードの場合は審査が緩めになる傾向があるようです。

というのも、最初に発行したカードというのはなんだかんだでずっとそのブランドのカードを使い続けるユーザーも少なくないので、カード会社としては特に最初に発行するカードは自社のブランドを使ってもらい、利用者を囲い込みたいという思惑があるわけです。

よって、アルバイトなどをしていて一定の収入のある学生さんであれば審査は比較的通りやすいようです。

収入に関しては最低どのくらいあれば落とされないかという基準はカード会社やブランドによっても異なるため一概には言えませんが、私の場合、初めてカードを発行したのは大学在学中で既に成人済みでしたが、アルバイトの年収は月平均で3万円程度で、貯蓄は10万円程度でしたが発行できました。

 

限度額と発行可能な枚数

学生の場合、基本的に利用可能な限度額は10万円から30万円程度であり、低めに設定されています。ですので月の出費が多めの方は複数枚持っておくと良いかもしれません。

発行可能な枚数に関してですが、基本的には審査に通れば何枚でも持つことが可能です。

しかし、4枚目以降あたりから審査が厳しくなるようです。まあ、短期間に何枚も発行しようとすると審査に通り辛くなるようなのでオススメしません。

学生ならば2枚がちょうど良いと個人的には思いますね。

 

発行する際に必要なもの

f:id:broooon:20180206220826j:image

  • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポート、マイナンバーカードなど)
  • 利用代金の引落口座
  • 引落口座の銀行印(不要な場合も多い)
  • (未成年の場合)保護者の同意

 

ざっとこんな感じですね。本人確認書類は免許証がベストだと思いますが、運転免許を持ってない方は保険証などでオッケーだと思います。

引落口座は普段自分が使っている銀行の口座で平気だと思います。たまにネット銀行だと登録できない場合があるのでご注意を。

銀行印に関しては必要ないケースもあります。例えば、楽天カードは提携銀行数が多いため、ほとんどの場合に銀行印が不要で発行できます。

未成年の場合は保護者の同意が必須となります。もし保護者の同意を得ずにカードを発行したい場合は、未成年でも保護者の同意なしに発行できるブランドが多い、デビットカードをおすすめします。

 

学生にオススメのクレカ

学生専用ライフカード

f:id:broooon:20180206215151j:image

学生にオススメのカードと言ったら真っ先に挙げられるのが「学生専用ライフカード」ですかね。名前にもあるように、25歳以下の学生専用のクレジットカードなのですが、学生に特化したメリットが多いです。

まずは誕生月にポイントの還元率が一律3倍になることが挙げられます。普段の買い物はもちろんのこと携帯代や公共料金の支払いなどなど、全てのお支払いでポイントが3倍となります。

また、貯まったポイントはアマゾンギフト券などに交換することも可能です。

そして海外でのカード利用時に、支払額の5パーセントがキャッシュバックされるキャンペーンなども大きなメリットです。ホテル代や食事代、お土産代など全て5パーセント還元です。振込によるキャッシュバックのため、現金でもらえるところも大きなメリットでしょう。よく海外に行かれる学生さんにはうってつけですね。

 

楽天カード

 f:id:broooon:20180206215134j:image

王道ではありますが、楽天カードもおすすめできます。私もメインのカードとして愛用しております。楽天カードに関しては以前の記事でも書きましたがもう一度まとめます。

学生カードではないため学生が使うことに特化したメリットはあまりありませんが、カードそのもののメリットとしてはポイントがめっちゃ貯まるところが挙げられます。

基本は還元率1パーセントですが、提携している店では還元率がアップします。

特に車をよく運転される方などは、エネオスで給油するとポイントがいつでも2倍となります。

また、楽天市場で買い物をする際は最大ポイント8倍となります。

また、一人暮らしをされている方は公共料金の支払いも楽天カードでできちゃいます。もちろんちゃんとポイントも付きます。

学生には自信を持ってオススメできるクレジットカードです。

 

楽天カードを発行する

 

三井住友ビザデビュープラスカード

f:id:broooon:20180206215124j:image

こちらも学生にオススメのカード。学生専用カードではありませんがホームページには、学生含む18歳から25歳までが対象と明記してあるため学生もターゲットにしていることが伺えます。

メリットとしては、デビュープラスカードの場合はポイントが常に2倍、また発行してから3ヶ月間は5倍になることが挙げられます。

また、学生のうちから発行し、利用していると26歳になった時に自動的に三井住友ビザプライムゴールドに切り替わります。

 

学生にオススメのクレカ(番外編)

以上3つのカードをご紹介しましたがここでは番外編として、学生が持つことによる大きなメリットはありませんが、見た目がスタイリッシュでカッコいいカードをご紹介致します。

ご友人に自慢したい方や、デートでのお支払いなどでちょっとカッコつけたい方などにオススメのカードです。

 

セゾンブルーアメリカンエキスプレスカード

f:id:broooon:20180206215117j:image

「アメックスを学生が作れる?そんなバカな」

とお思いのそこの貴方。実はセゾンブルーなら作れるんですよ。もちろん本家のアメリカンエキスプレスは学生では発行できません。しかし、クレディセゾンかアメックスと提携して発行しているこちらのカードなら学生でアメックスブランドのカードが作れちゃいます。

一番のメリットはやはりステータス性ではないでしょうか。まあ本家ではないのでちょっとアレな部分はありますがそれでもアメックスとの提携カードであることに変わりはないので、デートの時などでちょっとカッコつけることもできると思います。

また、本来のアメックスカードは高いステータス性と引き換えに年会費が非常に高額になっていますが、このセゾンブルーアメックスはなんと年会費が26歳まて無料です!

また、ポイントは永久不滅のためカードの提携を解除しない限り使えます。

 

オリコカードザポイント

f:id:broooon:20180206215101j:image

オリコカードをオススメするのはなんといってもカードのデザインです。シンプルで真っ黒、とてもスタイリッシュで、一瞬ブラックカードを彷彿させます。

もちろんメリットはデザインだけではありません。

年会費は初年度無料。翌年度以降は一回でも利用していれば無料になります。

また、 iD、QUICPAY搭載が豊富であり電子マネーにも対応しています。

 

まとめ

審査基準や必要書類、そしてオススメのクレカを見てきましたがいかがでしょうか。

個人的には楽天カードが1番無難かなとは思いますが目的に使い分けて複数枚持つこともオッケーなので是非ご検討ください!

 

先ほど紹介しました楽天の記事です!

broooon.hatenablog.com 

 審査基準はこちら

broooon.hatenablog.com

 飛行機によく乗る方はこちらのカードもおすすめですよ!

broooon.hatenablog.com

クレカを持とうか迷っている方はこちらの記事を読めば決心がつくと思います!

broooon.hatenablog.com