読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戯れ言

紹介記事やひとりごとを載せてます

教職課程を履修することの大変さについてまとめた

「黒板に書かれたコード黒板に書かれたコード」のフリー写真素材

どーも。今回はですね、新大学1年生に向けて教育学部以外の学部生が教職課程を履修するということについてまとめてみようと思います。

わたくし自身の体験や感想に基づいた部分も多いのでその辺はあしからず。

 

教育学部以外の学部生が教職課程を履修すると

周りの友達よりも多くの単位を取らなくてはいけない

「木造の教室と黒板木造の教室と黒板」のフリー写真素材

教職課程では、卒業に必要のない単位を修める必要があります

わたくし自身は都内の私立大学の心理学部出身ですが高校の公民の教員免許を取得するために4年間でだいたい40単位以上を取得する必要がありました。

授業によっては学部の必修科目を教職課程の単位に利用できる授業などもありますので、具体的に教員免許を取得するためだけに必要な単位数は人それぞれですが、わたくしの場合はそれくらいの単位数が必要でした。

 また、高校の科目だけでなく中学校の科目の免許も取得する場合にはさらに多くの単位を取得する必要があります

 

学科の必修や選択必修の授業と重なる可能性ある

「【い】いいんだけど、なーんかちょっと違うんだよねぇ【い】いいんだけど、なーんかちょっと違うんだよねぇ」[モデル:Lala]のフリー写真素材

教科によっては、学科の選択必修科目が教職の授業と重なってしまうことがあります。

学部で免許を取得する場合、大学を卒業することが免許取得の前提条件となりますのでその場合は学科の必修科目を優先して取るべきですが、その影響で4年生でも多めに授業を取る必要が出てきます。

本来4年生は、特に春学期において就活をするので卒業に必要な単位は3年生のうちに取得し、4年はゼミと卒論だけという方が多いです。

進路を教師しか考えていない方ならよいのですが、民間企業に就職することを視野に入れている人にとってはその点で不利になることがあります。

 

 教育実習期間は就活がし辛い

教育実習は事前指導やレポート、実習期間中の授業の組み立てなど実習をするにあたってさまざまなタスクを背負うことになります。

実習期間中は当然朝から夕方にかけて実習校にて実習を行わなくてはならないので就活はやりづらくなります。

また、4年生の5月や6月といった時期は企業の選考において非常に重要な時期となりますのでその点を考慮する必要があります。

 

 東京都の教員採用試験の区分は「中学校・高等学校共通」

「生徒に人気のイケメンドイツ語教師生徒に人気のイケメンドイツ語教師」[モデル:Max_Ezaki]のフリー写真素材

 この記事の執筆現在(2017年4月4日)において、東京都の教員採用試験では中学校と高校の双方の普通免許状が必要となります。そのため、もし東京都の教員採用試験を受験するのであれば中学校と高校の両方の教員免許を取得することをおすすめします。

ちなみに執筆現在において、高校の教員免許のみで受験可能な自治体は、首都圏では埼玉県と神奈川県のみです。また、変更がある場合も考えられますので、検討されている方はよくお調べください。

 

 =関連記事=

大学生でも持てるかも!楽天カード

broooon.hatenablog.com

broooon.hatenablog.com