戯れ言

紹介記事やひとりごとを載せてます

トレーダー必見!!FXを半年ほど続けてわかったことまとめ

 

「ホワイトボードに書いて説明する美人広報ホワイトボードに書いて説明する美人広報」[モデル:茜さや]のフリー写真素材

 

どーもどーも。今回はですねわたくしがFXをしばらく続けてみて分かったことをまとめたうえで、投資で利益を上げる極意についてつらつら書いていこうかなと思います!

 

しばらくFXをやってみて分かったこと

はじめて一か月程の期間で得た利益はまぐれが多い

 
「散らばった海外の紙幣散らばった海外の紙幣」のフリー写真素材
FX口座を開設し、入金も済ませていざ取引だっ!とみなさん最初は意気揚々と取り組んだのではないでしょうか。また、何度かポジを持つと当然利益を得る機会に遭遇すると思います

開始早々で数千円や1万円単位の儲けが出ると「おれって結構投資の才能あるんじゃね?!」と勢いづいたりしたことも少なからずあると思います。僕自身も最初はありました。

 

これは経験論ですが最初の一か月や二か月ででた含み益は大概がまぐれだと思います。

 

というのも、FXを始める以前に投資を行っていたり、もしくは経済や相場に関してすでに多くの知識を有している人以外は、完全なる素人であり、エントリー基準などもあいまいであることが多く、「なんとなくいけそうだっ!」とおもってポジを持ったりすることが多いと思います。

 

そのやり方で利益が出たとしても、それは単純にまぐれ当たりだと思うんですよね。

もちろん、具体的なエントリーやイグジット基準を設けてそれらに従った結果利益が出たというならそれはご本人の実力かもしれませんがしょっぱなからそういった取引ができる人は少ないのではないでしょうか

 

 最初は負けて当然

「完全に死亡フラグ!敗北が濃厚なサラリーマン完全に死亡フラグ!敗北が濃厚なサラリーマン」[モデル:Max_Ezaki]のフリー写真素材

 先ほども書きましたが、始めたての頃はまだ右も左もわからずテクニカルツールの見方もはっきりと把握していないような状態だと思います。

また、注文を出すこともおぼつかないような状態でしょうから最初は思うように利益が出ないと思います。

 

始めたての頃のあるあるネタとして、自分がポジションを持った瞬間に予想と真逆の方向に振れたりなど、まるで仕組まれているかのように相場に入った瞬間自分の予想と真逆に動くといった経験は、誰しも一度はあると思います。

 

最初のほうに負けが続いてしまうのは当然だと思います。相場でコンスタントに利益を上げ続けることができる人は全体のおよそ1割程度だといわれています。

ましてや、インターバンクディーラーの方々やFX専業トレーダーの方々はFXで生計を立てているわけであり、そのような人たちがたくさんいる市場でしょっぱなから利益を上げることは容易ではありません。

巷では「毎日数十分相場に向き合うだけで簡単に稼げます!」みたいなタイトルの本や意見やらなんやらを見かけますが、僕自身はこの考え方には懐疑的です。

投資はそんなに簡単なものではありません。相場で利益を上げ続けるのはとても難しいことです。

 

しかし、しっかりと経験と知識を身に着ければ利益を上げることは可能です!全然儲からないや!といって数か月でやめてしますのは非常にもったいないことだと思います。

 

大利小に陥る

「体調が悪そうな猫体調が悪そうな猫」のフリー写真素材

よくあるたとえですが、今すぐに10万円もらえるのとコイントスをして表が出たら20万円もらえるの、どちらを選びますか?というお題。たいていの人が前者を選ぶと思います。

 

FXでも同じことが言えます。含み益が出ている状態では少額でもすぐに利益確定をしてしまいがちになってしまいます。しかし、含み損を抱えている状態では「もしかしたら今後相場が回復して損失を減らせるかも」と希望的観測をしてしまい、結果損切ができずだらだら引き延ばしてしまい大きな損失を被るなんてことがありがちだと思います。

上手なトレーダーは真逆なんです。当初の予定と違う動きをしたらすぐに損切りをします。そして、うまく利益が載ったポジはぎりぎりまで引延ばします。

 

ビギナーのトレーダーはポジションを動かす際にどうしても感情が混じってしまいます。利益が乗ると我慢できずにすぐに利確してしまうために結果大きな損失ですべてパーにしてしまうことがあると思います。

 

ダメだと思ったらすぐ損切りしましょう!そしてうまくいったときはぎりぎりまでポジをもって利益を膨らましましょう!

 

 

FXで利益を上げるためのポイント!!

最初はデモトレードからスタートすべき

「ノートパソコンで作業中ノートパソコンで作業中」のフリー写真素材

最初はトレーディングツールの扱いにも慣れていないと思います。成り行き注文ならばまだしも指値やイフダン注文などは、最初は注文の出し方もおぼつかないと思いますのでまずはデモトレードでの取引をおすすめします。

 

デモトレードではたいていの取引業者は見た目や仕様は本口座用のトレーディングツールと全く同じで、動いている相場も今現在の相場と全く同じであることが多いです。

デモトレードでしばらくやってみて、慣れてきたら自分のお金を運用してみるとよいと思います。

 

ロットは小さく!最初は小さめの一万通貨で取引しよう!

「ビットコイン(Bitcoin)の普及により中央銀行が不要となる未来ビットコイン(Bitcoin)の普及により中央銀行が不要となる未来」のフリー写真素材

はじめから10万通貨など大量の資金を投入して取引したところでビギナーのトレーダーはたいていトレードが下手ですのですぐにうまくいかなくなります。

 

少額で上手にトレードできない人がロットを多くしてトレードしたところでトレードがうまくなるわけではありませんので、始めたての頃は1万通貨などロットを小さくして取引することをおすすめします。

 

自分なりの手法を確立しよう

「保有銘柄が軒並みストップ安保有銘柄が軒並みストップ安」のフリー写真素材

 優秀なトレーダーは自分なりのトレード手法を確立しています。一目均衡表の雲抜け+MACDゴールデンクロスしたら買い、など自分なりのトレード手法を研究しています。

 

ですので自分に合った手法を研究し確立していくことをおすすめします。こうすることで、自分なりのエントリーの条件を相場が満たしていない場合はそもそも相場に参入しないといった判断ができるようになります。

ずっと相場を眺めていて、エントリーするタイミングがつかめないと、なにかしら理由をこじつけて相場に入りたくなってしまいますのでそのような事態を防ぐことが可能です。

また、優秀なトレーダーの手法をそっくりそのまま真似るといったやり方は、リスクの許容度やメンタルが人それぞれ違いますのでうまくいかないことが多いです。

 

トレード(特にスキャルピングの場合)はパソコンでやるべし

「ブログ執筆中(タイピング)ブログ執筆中(タイピング)」のフリー写真素材

スウィングトレードなど長期的にポジションを保有する場合は特に平気だと思いますが、デイトレスキャルピングの場合は一日に何十回もトレードすると思います。

 

その際はスマホもいいのですが、パソコンでトレードするのがおすすめです。

理由としては、まず有線でネット回線をつないでいる場合、通信が安定するからです。スマホだと無線ですのでどうしても通信が遅くなってしまったりします。

 

また、通信制限がかかっていたりすると、トレードはもとよりチャートを見ることすらままならないと思います。パソコンだとそのような要因に悩まされることもなくなります。

 

また、パソコンのほうがチャートにラインを引いたりなどのテクニカル分析がやりやすいといったメリットがあります。

スマホだと画面が小さいうえに指だとうまくトレンドラインなどを引けなかったりするのでパソコンをおすすめします。

 

情報が命!ツイッターやブログ等で情報収集しよう

「フリマアプリで欲しい商品を落札できた女性フリマアプリで欲しい商品を落札できた女性」[モデル:河村友歌]のフリー写真素材

タイトルにも書きましたがFXをやるうえで情報はめちゃくちゃ大事です!相場は突発的なニュースなどに敏感に反応しますので、それらの情報を素早く手に入れることが重要になってきます。

 

そこでおすすめなのが、そうツイッターです。ツイッターは速報性にも優れていると思います。また、著名な投資家もツイッターのアカウントを持っていることが多いのでそれらのアカウントをフォローすることで情報を無料で手に入れることができます。

 

また、ブログなどもおすすめです。有名トレーダーが自らの手法を公開したブログなどを運営していたりしますのでそれらも要チェックです。

 

とにかく本を読め!!

「紅葉の秋とマルチカラーな読書女子紅葉の秋とマルチカラーな読書女子」[モデル:河村友歌]のフリー写真素材

 投資で成功するうえで、本を読むということは一番大事だと僕自身は思います。

ウォーレンバフェット氏は毎日本を500ページ読むそうです。トレードや投資手法、経済や金融などに関する本を読み漁るといいと思います。既有の知識だけではやはり相場に太刀打ちできなかったりしますので、本などを読み絶えず情報を蓄積、アップデートすることは超超重要なことだと思います。

また、おすすめのFX本に関する記事はこちらでまとめてあります。

 

broooon.hatenablog.com

 ※免責事項:本記事の情報により皆様に発生、誘発したいかなる損害について本記事作者、関係者はいかなる責任を負いませんのでご了承ください

 

=関連記事=

 

broooon.hatenablog.com

broooon.hatenablog.com