戯れ言

紹介記事やひとりごとを載せてます

ビットコイン取引所ならビットフライヤーがおすすめ😇😇

 

 

f:id:broooon:20170306222802j:plain

最近新たな通貨として注目を集めているビットコイン。今回はビットコインに関する基礎知識、投資商品としてのメリットやおすすめのビットコイン口座であるビットフライヤーについて書こうと思います。

 

ビットコインについて

そもそもビットコインとは円やドルなどと同じ通貨、つまり「お金」です。

通貨ですので当然ビットコインと引き換えに商品やサービスを受け取ることが可能となります。よって普段のお買い物やネットショッピングでもビットコイン決済に対応していれば日本円などと同じように決済に利用することが可能となります。

円やドルなどの通常の通貨と違うところは物理的に取引せず「仮想通貨」として決済するという点にあります。紙幣や硬貨が存在しないのですべてインターネット上で電子決済するような仕組みとなっています。

 

ビットコインのメリット

f:id:broooon:20170307134438j:plain

個人間で直接送金ができる

通常個人間で通貨を送金する際はたいてい口座間でのやり取りになるため銀行などの金融機関を通さなければいけませんが、ビットコインはそれら特定の金融機関を仲介させずに完全に個人の間で送金ができます。

 

送金手数料が低い

ビットコインは中央での管理組織が存在しないため、銀行などの金融機関を仲介せずに送金が可能となります。そのため送金が早く手数料が低い場合が多いです。

 

 

投資商品としてのビットコインの利点

 ボラリティ(変動率)が高い

f:id:broooon:20170307134523j:plain

ビットコイン相場の大きな特徴のひとつがこのボラリティの高さです。

ボラリティとは価格の変動率のことを指します。例えばビットコインと価格が100000円のとき、翌日価格が110000円になっていたとしたら、1日のボラリティは10%になります。

ビットコイン相場ではこのボラリティが為替のドル円の相場の約10倍あるといわれており、スキャルピングデイトレードなど短期のトレードでも高い差益を狙うことが可能となります。

大きめな暴落もしばしば起こるため落下直後の上げ幅を狙ったトレードも可能となります。

 

24時間365日取引可能!!

f:id:broooon:20170307134728j:plain

こちらも大きなメリットとなります。為替相場や株式相場は基本的に土日は休場していますが、ビットコイン相場は土日や祝日も含めて取引可能となるので社会人の方でも土日に取引ができます。

また、平日は株やFXを利用し、土日祝日はビットコインをメインに取引を行うといったことも可能です。

 

 

扱う際の注意点

 取引所がダウンするケース

ビットコインを取り扱う取引所がサイバー攻撃に遭いビットコインが盗まれる、もしくは取引所が破たんするといった可能性が少なからずあります。

ビットコインは誕生して間もないのでそのようなリスクにさらされていることも頭に入れておきましょう。

 

ボラリティの高さ

 ビットコインの利点のページではボラリティの高さをメリットとして紹介しましたので一見矛盾しているように見えます。

ボラリティが高いということはレバレッジをかけて運用した場合、預託保証金を全額使って取引したりするとすぐさまロスカットに遭ってしまいます。

そのため、このボラリティの高さをメリットとして生かすには十分な預託保証金を口座に投入した上で取引を行う必要があります。もしくはレバレッジをかけずに取引することです。

 

 

ビットコイン投資ならビットフライヤーがおすすめ!!

 

f:id:broooon:20170307135156j:plain

国内大手の仮想通貨取引所なので安全性が高い

ビットフライヤーは2014年4月に国内初の仮想通貨取引所とし発足しました。

ビットフライヤーに出資している企業はSBIグループや三井住友海上キャピタルなど名だたる企業が出資しており、信頼性の高い取引所です。

著者自身も利用しており自信をもってお勧めできる取引所です。

 

bitFlyer Lightningならレバレッジをかけられる!

f:id:broooon:20170307134030j:plain

f:id:broooon:20170307134042j:plain

 

ビットフライヤーライトニングを使えば、ビットコイン現物・FX取引、イーサリアム現物を取引することが可能となります。

また、ビットコインには最大で10倍のレバレッジをかけることが可能ですので、FXのように少ない証拠金で大きな額を動かすことができます。

また、売りから入って買い戻す空売りも可能ですので、下落相場でも利益を出すことが可能です。

また、ビットフライヤーとビットフライヤーライトニングの違いについて公式ホームページにはこうあります。

 

ビットコイン販売所では bitFlyer が取引相手となりビットコインの売買が行われます。お客様は bitFlyer からビットコインを購入、または bitFlyer にビットコインを売却します。

一方、bitFlyer Lightning ではお客様同士の発注、取引を行うプラットフォーム(取引所)を bitFlyer が提供いたします。また、LIghtning FX(ビットコイン FX) では最大 10 倍のレバレッジで取引ができます。

ビットコイン取引所【bitFlyer Lightning】より

 

つまり、ビットフライヤーの場合投資家はビットフライヤーとビットコインを取引するのに対し、ビットフライヤーライトニングでは提供されたプラットフォームを通じて同じ投資家同士が売買することによって取引しています。

 

個人的な感想だとビットフライヤーライトニングのほうがかなり使いやすいです。

ライトニングではレバレッジもかけられる上に上の写真を見ていただけるとわかると思いますがチャートのテクニカル分析用のツール(ボリバンや一目均衡表など)が充実しているため、FXをやっている方は普段自分が使っているテクニカル指標をそのままビットコイン相場でも利用可能となります。

当然ビットフライヤーライトニングのチャートを利用するのに一切お金はかかりませんのでこちらで取引することをお勧めします。

 

 

口座開設方法&グレードアップ方法

f:id:broooon:20170307135820j:plain

ビットフライヤーはアカウントがランク分けされており、一番初めはスタンダートクラスとなります。

アカウントのグレードアップには必要書類の提出などが条件となっておりますがビジネスクラスまでは簡単にグレードアップさせることができます。またビジネスクラスであれば取引において不自由することは基本的にないのでアカウントを作成したらビジネスクラスまでグレードアップさせてから取引を開始するといいと思います。

それでは開設手順&グレードアップを流れで説明すると

  1. HPでメルアドを登録
  2. メール認証にてアカウント登録完了(エコノミークラス)
  3. 携帯電話認証
  4. 認証完了でアカウントのグレードアップ(スタンダートクラス)
  5. 銀行口座の登録
  6. 登録完了でグレードアップ(プレミアムエコノミー)
  7. 個人情報入力&身分証明書のアップロード
  8. 認証完了でグレードアップ(エグゼクティブエコノミー)

プレミアムエコノミーとエグゼクティブエコノミーの登録で自動的にビジネスクラスにグレードが上がります。

 

 

 よくある質問

 Q ビットフライヤーの口座に入金したのにライトニングに入金が反映されないのはなぜ?

 A ビットフライヤーライトニングで取引するにはBTC-FXの口座に証拠金を入金する必要があります。よって、ライトニングを利用する際は最初にビットフライヤーの口座に入金した後ビットフライヤーを立ち上げ、そちらの入出金のフォームにてビットフライヤーの口座からBTC-FXに振り替えすることでご利用いただけます。

 

Q ビットフライヤーで保有した建玉はどのように決済するの?

A ライトニングでは反対売買を採用しているため、保有した建玉を決済したい場合は決済したい数量の真逆の売買を行うことで決済できます。

例えば買いポジションで15ビットコイン保有したとして、その建玉を決済したい場合は反対売買、つまり売りポジションで15ビットコイン保有することによって相殺するような形で決済します。

 

 まとめ

 いかがでしょうか、個人的にはビットコインは今後ますます世の中に普及していき、それにつれて需要も増えるため価格は上昇していくと考えています。

現在も定期的に大きめな下落を繰り返しながら上昇しています。

ビットコインの今後に期待できますね。