読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戯れ言

紹介記事やひとりごとを載せてます

原付が故障した人へ!原付がスローダウンした際の主な原因まとめ

 

 

 

 

 

どーも!

 

先日(といっても数か月前)、いつものように原付(HONDA DIO af27)に乗っていたら突然出力が落ちてスローダウン、挙句の果てにスピードが15キロほどしか出なくなりました。

そのあといろいろ原因を調べたのですが原付のスローダウンに関する記事が少なかったので、今回は原付がスローダウンした際の原因やトラブルシューティングについて書こうかと思います

 

考えられる要因

 

  • エンジンの故障
  • マフラーの詰まり
  • プーリーの故障
  • キャブレターの詰まり

 

まずはエンジンです。エンジンオイルが切れた状態で走っているとエンジンが焼き付いて出力が低下したり、動かなくなったりします。一度エンジンが焼き付いてしまうと再度エンジンオイルを注入しても直りませんので原因がエンジンにあると思われる場合は、新しいものに載せ換える必要があると思います。

修理するという手もありますが、素人だと難しく、かといって業者に頼むと高くついてしまうので交換するのが早いと思います。

 

次はマフラーです。「マフラーは排気系だしスローダウンの原因にはならないんじゃない?」と考える方、実は私自身も最初そう思っていたのですが、結果から申し上げますと、私の原付のスローダウンはマフラーのカーボン詰まりが原因だったのでマフラーを交換することで直りました。

エンジンが駆動する際に発生する排気ガスも適切に排気されないと出力異常につながります。

 

そんなマフラーの詰まりですが、パイプユニッシュ等で掃除するといった方法がありますが、一個人の意見としてはあまりお勧めしません。というのも原付のマフラーは非正規品であれば安価ですので新しく買っちゃったほうが早いです。

amazonなどで3000円くらいのものでOKだと思います。また、パイプユニッシュ等での掃除は手間もかかりますので猶更交換をおすすめします。

 

 

 

つぎにプーリーの故障があげられます。スロットルを全開にしてエンジンは回転しているが動きが鈍い場合は変速機に原因がある可能性も考えられます。とりあえずプーリーホルダーを開けてみて異常がないか点検してみるとよいと思います。

 

 

 

次にキャブレターの詰まりです。キャブレターは細かな部品で構成されているため目詰まりを起こしやすく、それが出力低下につながっている場合も考えられます。この場合は一度キャブを分解してみて市販の洗浄スプレーで洗浄してみるとよいと思います。

 

 

 

 

最後におまけとして安全装置の誤作動があげられます。これは、まぁまずないとは思いますが極めてまれに安全装置が誤作動を起こして低速のままになるといった事例を耳にしたことがあります。考えられるすべてのトラブルシューティングを行ってダメな場合はこちらも視野にいれるとよいかと思います。

 

 

まとめ

いかがでしょうか。一応原付のスローダウンで考えられる主要な原因は上述したようなことがあげられるかと思います。今回の記事はあくまでスローダウンであって完全にエンジンがかからない、もしくは電気系統すら作動しない場合はまた話が別になってきます。上述したトラブルシューティングを行ってみてもやはりだめな場合や、知識が全くなく自分では直せない場合は、プロの方に見てもらうということになるかと思います。